トイレリフォーム 費用

リフォームはアイデア・アドバイスを貰わないと後で悔やんでも手遅れです!

今すぐ試してみてください。
これが我が家だけのトイレリフォームプランが0円で相談できた方法です!
>>>無料で簡単3分で見積り完了

介護用にトイレリフォームをされる場合のおおよその平均費用

 

介護用トイレのリフォーム

 

介護が必要な方のためにトイレをリフォームする際の平均的費用はいくらでしょうか。
まず介護用として効果的なリフォームに和式便器から洋式便器への交換があります。

 

 

 

リフォームの費用としては、和式トイレと床段差の解体と下地補修工事、クッションフロア
仕上げなどを含む工事費の平均額が13万円程度見積もっておきます。

 

 

 

あとは交換する便器次第ですが、ウォシュレットや温風乾燥機能付きなど
介護用に向いている高機能なものほど高価になります。

 

 

 

次に介護で効果的なのがトイレへの手すりの設置で、平均費用は手すりが3万円前後、
その工事費は5千円程度からありますが、手すりは体重がかかるので
全面壁下地補修工事が必要な場合もあります。

 

 

 

介護用にトイレスペースを広くとるため、タンクレスの便器に交換すると、便器の他に
手洗いカウンターの設置が必要になります。工事費用が20万円ほど、
タンクレス便器と手洗いカウンターが30万円ほどかかります。

 

介護用トイレリフォームの相場

 

介護用トイレリフォームの平均費用は人によってかなり幅があり、
リサーチのためネットで相見積もりをとるのもいいでしょう。
しかし実際にかかる費用は現地調査で見積ってもらう方が確実です。

 

 

 

介護用のトイレリフォームは高齢者住宅改修費用助成制度を適用できる場合
があり、限度額20万円としてリフォーム費用の9割まで支給されます。

 

 

手すり取り付け、トイレ入口の段差解消、和式便器から洋式便器の交換、
暖房便座・洗浄機能付き便器への交換などが対象となっています。

 

 

 

その他、地方自治体による障害者住宅改造費助成制度がトイレリフォームに
適用できるケースもあるので各役所・役場へ相談してみて下さい。

 

 

 

>>>トイレリフォームでの見積もりだけの費用はどれくらいかかる?

自宅にいながら複数のリフォーム会社からプラン・見積もりが届く!

大手リフォーム会社から地元密着工務店まで 全国300社以上が登録!
自分に最適な会社が選べます
>>>無料で簡単3分で一括見積りが届く