トイレリフォーム 費用

リフォームはアイデア・アドバイスを貰わないと後で悔やんでも手遅れです!

今すぐ試してみてください。
これが我が家だけのトイレリフォームプランが0円で相談できた方法です!
>>>無料で簡単3分で見積り完了

トイレリフォームにかかる余分の工事費用とは?

 

トイレリフォームの工事費用

 

トイレリフォームを行う際、既に下水道が設置されていて便器を最新式のものに
交換したり、手すりを付けるなどバリアフリーの工事を行う場合、トイレ部分以外
の余分な工事費用はまず発生しません。

 

 

 

しかし汲み取り式トイレを水洗式トイレにリフォームする場合、便器や床、壁、
コンセント設置などの電気工事などトイレの工事以外に余分な工事費用
発生します。

 

 

 

まだ下水道未整備地域の場合、トイレリフォームに
伴って浄化槽の設置のための工事費用が発生します。

 

 

 

平成13年4月から法律によってトイレの汚水のみ処理する単独浄化槽は設置
できなくなったので、雨水以外の全ての生活排水を処理する合併浄化槽を設置します。

 

 

浄化槽や下水道が絡むトイレリフォームは自治体指定の業者に依頼する事になります。
設置費用は規模によって違いますが40万円台から70万円ぐらいです。

 

 

 

高額な工事費用ですがトイレリフォームに必要ですし、申請すると
自治体から補助金が出るので実際の費用は抑えられます。

 

下水道が整備された地域

 

下水道が整備された地域の場合、下水道の宅内配管工事が必要です。
雨水以外のトイレ、キッチン、風呂、洗濯などの汚水を全て下水道に流す
工事ですが、費用の相場としては1mにつき25,000円ぐらいです。

 

 

 

浄化槽を使用していた家庭が下水道を使用するようトイレをリフォームする場合、
トイレットルーム以外の余分な費用が発生します。

 

 

 

トイレの汚水も含めてキッチンや洗濯の汚水なども流す合併浄化槽を使用していた場合、
既設管と下水道を繋いで合併浄化槽を埋める費用だけで済みますが、
単独浄化槽の場合は、それ以外にも洗濯やキッチンの汚水を下水道に
流すための余分な工事費用がかかります。

 

 

 

>>>トップページに戻る

自宅にいながら複数のリフォーム会社からプラン・見積もりが届く!

大手リフォーム会社から地元密着工務店まで 全国300社以上が登録!
自分に最適な会社が選べます
>>>無料で簡単3分で一括見積りが届く