トイレリフォーム 費用

リフォームはアイデア・アドバイスを貰わないと後で悔やんでも手遅れです!

今すぐ試してみてください。
これが我が家だけのトイレリフォームプランが0円で相談できた方法です!
>>>無料で簡単3分で見積り完了

介護用トイレリフォーム費用は補助金でどれくらいカバーされるの?

 

介護用トイレリフォームの補助金

 

要支援または要介護1から5認定の在宅介護の方が、ご自宅を
介護用トイレリフォームされると介護保険から補助金が出ますが
条件があります。

 

 

 

トイレリフォームの場合は、手すりの設置や、開き戸から引き戸や折り戸への交換、
和式便器から洋式便器への交換工事など、介護用のリフォームである必要
があります。

 

補助金でカバーされる費用

 

補助金でカバーされる額は費用の9割ですが、最高20万円までとなっています。
例えば介護用トイレリフォームで20万円かかったら2万円自己負担するだけで
いいわけです。介護用トイレリフォームの費用が20万円を越えた場合、
越えた金額は自己負担となります。

 

 

 

補助金は該当者一人あたりですので、ご夫婦で条件に該当する場合は
2人分で40万円です。20万円までの補助金を一度のリフォームで適用せず、
例えば10万ずつ2回に分けて受ける事もできます。

 

 

 

20万円までの補助金は原則的に生涯に一度だけですが、要介護1の方が4になるなど
3段階以上あがったた場合は新たに20万円まで補助金を受ける事ができます。
また該当者が転居した場合も、20万円までの補助金を受ける権利が発生します。

 

 

一旦トイレリフォームの費用を業者に支払ってから、
申請して補助金を受け取るシステムになっています。

 

 

 

介護保険の補助金支給を受けるには、主治医やケアマネージャー(介護支援専門員)
の意見書が必要ですので、介護用リフォームを行う前に該当するかどうか
確認される事をオススメします。

 

 

 

介護保険とは別に各市町村の助成金制度が適用されて補助金を受けられる
かもしれません。介護用リフォームのご予定がある方は自治体に連絡して下さい。

 

 

 

>>>トイレリフォームにかかる余分の工事費用とは?

自宅にいながら複数のリフォーム会社からプラン・見積もりが届く!

大手リフォーム会社から地元密着工務店まで 全国300社以上が登録!
自分に最適な会社が選べます
>>>無料で簡単3分で一括見積りが届く